診療案内
入院案内

入院のご案内

入院期間は初産婦、経産婦とも分娩日を含めて6日間です。
ただし病室が満床の場合は1日早く退院をお願いすることがあります。
分娩費用は約47~49万円になります。(産科医療補償制度掛け金を含む)
直接支払制度を利用した場合は自己負担額は約5~7万円になります。
処置内容、時間帯により金額は変わります。
入院に際してはほとんど準備していただくものはありません。
 洗面道具、パジャマ、スリッパ、赤ちゃんの肌着、おむつなどすべてクリニックで用意しています。授乳用のブラジャーと下着を最低限用意して頂ければ入院可能です。またランドリーと洗剤も無料で使えます。

アメニティグッズ

LDRでの分娩となります。
 当クリニックにはLDR(陣痛、分娩、回復を1つの部屋で行う)が2部屋あり、すべての分娩をLDRで行っています。陣痛中の移動がないため好評です。
分娩後の赤ちゃんの授乳方法などは希望に合わせ対応していきます。
 完全母乳を希望される方は出産直後からの母児同室に対応します。
入院中に写真をお撮りして渡しています。
 出産直後(母児で)、入院中(赤ちゃん)、退院時(院長と一緒に)の3枚をお渡ししています。また希望される方は赤ちゃんの写真をホームページに掲載させていただきます。
入院中の食事について
 専任のスタッフにより和洋中の栄養バランスの取れた食事をご用意しています。正月やクリスマスなどは行事食となります。入院中にご夫婦でのディナーサービスもあります。 詳しくはこちらから。
Top